ブレーキシュー

2016年3月 7日 22:22

最近暖かくなってきたので、ぼちぼち自転車乗る整備の依頼が増えてきました。

安全に乗っていただくためにも定期的な整備は欠かせませんが、その要のブレーキシュー(主にロード、クロスバイク)についてのお話し。

バイクを思いのままスピードコントロールするのにブレーキの存在は欠かせませんが(当たり前ですね。ブレーキないと道交法違反で捕まりますから)

じゃあ付いていれば良いか?ブレーキシュー(ブレーキのゴム)がちゃんとしていなければなりません。

ちゃんとって・・・なに?

IMG_0434.JPG写真は、ブレーキシュー(ゴム)の部分。

上は、良品?

下は見てのとおり片摩耗してます。まだ使えるかもしれませんが、そんなに長くは使えないでしょう。

問題は上です。一見問題なさそうですが、経年劣化により、かなり硬貨しています。硬いと摩擦力が落ち、制動力が落ちます。そうなると、思うようなスピードコントロールができなくなり・・・

ホイールが付いてると見にくいですが、目視の点検は誰でもできますのでシーズン始めのこの時期一度覗き込んで下さい。

硬貨の方は、どの程度が硬くてどの程度がOKなのか?判断が難しければ行きつけのショップに行って一度確認をしてもらうのがよいでしょう。

ご自身でも出来る程度の作業なので、判断に自信が無い方は交換をお勧めします。

金額は部品代で片側1,000円程度ですから。それで安全に走れるなら安いモノです。